カウンセリングメニュー

誰にでも光り輝く星はあり、手を伸ばして触ろうとするものです。

出会いも恋愛も待っているだけでは手が届きません。

貴女が愛のひと時、愛の日々を求めるのであれば、自分の願いを明確にして行動あるのみです。

必ず貴女に相応しい出会いや恋愛、そして結婚の機会は存在します。

それを見逃さない為に如何にするか、それが恋愛相談です。

対面と電話相談があります、安心してお電話ください、雑誌にも掲載されております。

カウンセリング内容

復縁相談 人生相談 結婚相談 恋愛出会い相談等

☆ 前世リーディング ☆ スピリチュアルカウンセリング ☆オーラリーディング
チャクラリーディング
カルマ診断・前世リーディング 霊視 霊能者診断 瞑想 前世ヒーリング 人生の目的
恋愛相談 相性占い 結婚相談 復縁相談 霊視、霊能相談 人生相談 離婚不倫浮気相談 チャクラ チャクラ瞑想 チャネリング スピリット診断 チャクラ診断 オーラ鑑定 リーディング
スケジュールへ
メールフォームへ

オーラリーディングも致します

☆オーラカラー 一覧[要約]

オーラカラ―は貴方の状態を表すと共に、ご性格の中で強く出るものを表します。
色の強弱、色が変わる事もあります、女性の場合変化に富むとも言えます。

心の状態を最も表現されるのがオーラカラーと言えます。

赤系[意志と感情]青系[統制と従順]
黄系[受動と満足]緑系「浄化と再生」
紫系[精神と癒]オレンジ系[自立と霊性]
白系[潔癖と信念]黒系[抑制と集中]
ピンク系[受動と慈愛] 
赤(red)【カラーテーマ】命・生命・発散・情熱・積極性・外向性・性的魅力

〜赤いオーラの魅力〜

赤をオーラに持つ人は、現実主義で楽しいことを求める人。

明るく社交的で周りの人とのつながりをとても大切にし、困った人がいるとほっとけず一肌脱ぎたくなる人情味溢れた親分肌タイプ。

また、こうと決めた時の決断力・行動力は非常に優れ、そのための苦労は惜しまない人。

〜オーラバランスが崩れると〜

社交的で活発な一面が、感情の起伏の激しい気分屋という印象を与えてしまう。

不満が溜まると、持ち味の行動力や楽しいこと好き(快楽主義)が自分の欲求に向かってしまい、後先考えず衝動的に衝動買いやアルコール依存など、自分の体を省みない行動に走ってしまう。


青(blue)【カラーテーマ】博愛・従順・吸収・冷静・知性

〜青いオーラの魅力〜

青をオーラに持つ人は、自分自身の内なる成長を求める人。

思考先行で動くタイプで目的や信念があれば、それに集中し妥協なく進む忍耐強い人。

また、コミュニケーション能力が高く聞き上手で、相手のことを考えながら話をする一方、自分の意見を押し付けずに話すことができるので、周囲には信頼が厚く礼儀正しい印象を与える。

〜オーラバランスが崩れると〜

ストイックな一面が強く出てしまうと、自分に対してとても厳しくなり、上手く外に自分の感情やこうしたいという行動が外に出しにくくなってしまい人間関係を気づくのが苦手になってくる。

また、内向的で行動力が欠けると、権力のある人や他者にコントロールされて自分を見失ってしまう。


黄色(Yellow)【カラーテーマ】純愛・知性・判断・ユーモア・公平

〜黄色のオーラの魅力〜

黄色をオーラに持つ人は、感性が強く才能豊かで探究心の強い人。

また、瞬時にその場の状況判断や分析能力に優れ、テキパキ動ける人。

明るくユーモアがあり、注目を浴びることに喜びを感じる人。

〜オーラバランスが崩れると〜

注目を浴びることや周りの評価・体裁を気にしすぎてしまい、 下手に注意を引こうと話を大きくしたり、自分の気持ちとは反対の行動をとってしまうなど、 時には自分の気持ちを押し込めてしまう。

また、探究心が強く物知りなので、周囲との関わりの中で理屈っぽい印象や 無邪気な一面が軽率や無責任な印象を与えてしまうことも。


緑色(Green)【カラーテーマ】バランス・浄化・調和・癒し・自然

〜緑色のオーラの魅力〜

緑色をオーラに持つ人は、自分と周りの人や出来事などと上手に距離を保てる人。

また、トラブルなどが嫌いなので、常に先に先に予測をし、計画を立てて動き 同時に、周りの動きもしっかり観察するタイプなので、必要なものだけ取り入れ要領よく動ける器用な人でもある。

〜オーラバランスが崩れると〜

周りとの調和を大切にしすぎるあまり、自分を主張せずストレスを溜めやすく嫉妬しやすい。

また真面目で控えめな部分が強くなると、他人の意見にそのまま流されて依存してしまう傾向。

恋愛電話相談 コラム

曹洞宗では『待悟』と言う言葉があります。

解釈は、悟りをひたすら待つの意味ですが、それは何かを期待して修行を行なうの意味であり、本来無心であるべきだで否定的な言葉として扱われています。

何かを学ぶ事は、何かを得るためではなく、その先に何があるのであろうか的探究であるべきだと云う解釈で私はいますが、正解かどうか判りません。

でも、キリスト教であろうがヒンズー教であろうが、救われる為に悟りたい願望や思考は、求めるものを誤っているかもしれません。

そもそも勝手な解釈ですが、悟る為に方法論を示唆しているのが宗教であり、悟りを提示している訳ではないと思うからです。

それは、生き延びたいと云う願望でいる限り、死後が観えなくなり、余りに死後に対し価値を無にし過ぎたのが現代ではないでしょうか。

如何なるものにも、始めと終わりがあり、対で構成されており、どちらかだけに比重を置く事は偏重と言えます。

その偏重さが今の社会であり、いろいろな問題を引き起こしている気がします。

また二元論的思考から、

「観ている自分」と「それを眺めている自分」

の様に対極にしたがる傾向あり、対象物と自分、観る物と観られる物の分離など元来一つであるべき真理を遠ざけていると感じます。

東から昇り『朝日』と言われ、西に沈む時『夕日』と言われる、でもひとつなのです。
恋愛復縁 恋愛復縁 恋愛復縁 恋愛復縁

恋愛相談イメージ

よくあるQ&A相談事例Web利用規約個人情報保護法サイトマップ五十川桂大プロフィール

新着情報

サロン

東京都港区赤坂9-6-28

アルベルゴ乃木坂(ミッドタウン横)

電話090-8805-8765

スピリチュアル カウンセリング

恋愛復縁相談 五十川桂大

東京六本木

アクセスマップ

アクセスマップ

クリックで拡大

チャクラ・チャネリング診断・恋愛復縁・電話相談
出張スピリチュアル鑑定も致します
(東京・六本木・青山・横浜・神奈川)

恋愛相談 五十川桂大

恋愛復縁相談 五十川桂大

恋愛・復縁

幸せの秘訣と出会い

コラム

Q&A

相談事例

・サイトマップ

・Web利用規約

・個人情報保護法